2016年9月23日金曜日

食事カウンセリング Q&A

食事カウンセリング
「やってみようかな?でも…」

何か引っかかることがあれば
コメントでも
お問い合わせでも
お気軽に送ってくださいね♪



…引っかかること

そうですね例えばを6つ挙げてみます。


①『お菓子止めなさいと言われそうだけど
それだけは絶対イヤ』



以前に食事カウンセリングの
モニター様になってくださった
”やなぎさわえりな”さんの
ご感想が書いてあります。

こちら


えりなさんのブログ記事でも
いくつか書いてくださいました。




最初は砂糖抜き生活に
かなり抵抗があったそうですが

でも今や砂糖を無性に
欲しなくなった生活に喜ばれています。

えりなさんに影響されて周りでも
砂糖抜き生活をはじめた方が続出!

みなさん口をそろえて
「やっぱり始めはかなり抵抗があったけど
やってみて良かった!」
と言われているそうです。

嬉しい^^♪



私は一定期間
砂糖抜きを推奨していますが

一生食べないで!
ということではありません。

一度砂糖抜き生活をすると
むやみやたらに甘いものを欲しなくなる。
という状態になります。

その後は適度に甘いものが
楽しめるようになるんです♪

その状態になれるまで
サポートさせていただきます!


もちろん絶対絶対
甘いものは食べ続けたい!
という場合もOKですよ♪

その場合は質を変えたり
組み合わせるもので
身体が楽になるように
一緒に取り組んでいきましょう!



②食事記録面倒くさそう…


こちらは写真をバシャッと撮って
メールに添付してくださればOKです^^

細かい記録があった方が
アドバイスさせていただく上で
良いに越したことはありませんが

せっかくのごはん
あったかいうちに
美味しく召し上がってくださいね♪

(センスよく撮らなきゃ!
とかも全く考えなくて大丈夫です)



③生理前が辛いといっても
数日辛いだけだから薬でやり過ごした方が
即効性があって楽!


そうですね。
即効性はなんと言っても薬です!

どうしても辛いとき
寝込んでいられないとき

頼りたくなりますし
頼って良いと思っています。

ただ、薬はそのときは楽になりますが
根本的な解決にはなりません。

お悩み解消には
あなたの身体を作っている
食べ物を見直すことが
必要だと考えています。



④同居人がいるから
食事の改善は勝手に出来ない。


我が夫も本来であれば
米と肉だけあれば生きていけるし
それだけ食べていたい人(笑)

なので
そのお気持ちとってもわかります!


同居されている方と同じ食事でも
ご自分の食事だけ
トッピングして欲しい食材を
取り入れたりすることもできます。

食べる順番や食べ方を
見直すだけでもだいぶ違いますし

何よりあなたの
不調改善への取り組みは

同居される方も
思わぬ悩み解消になり
プラスとなることがありますよ♪

一生のうちのほんの3か月!
お付き合いしてもらえたらいいですね^^



⑤無農薬・有機野菜とか高い食材を
買わされたりしないか心配

→調味料は良いものをおすすめしていますが
強制はしていません。

肉や魚や野菜は普通のスーパーに
売っているもので十分です♪



⑥動物性食品を食べちゃダメ。とか
特殊な食事??

→肉・魚・卵・乳製品も食べてOK!
むしろ積極的に食べてもらえるよう
お伝えしています。

はじめに書きましたが、砂糖は抜くことを推奨しています。
小麦も控えるよう推奨しています。

ただし、強制ではありませんし
一生食べないで!と言うわけでもありません。

食べすぎていたものを止めたり
控えてみると身体の変化を感じていただけると思います。

あとはどちらのメリットをとるか!
(食べたいのか、身体が楽な方がいいのか)
はその都度、ご自身で選択されてください^^




例えばを6つ挙げてみました。

その他引っかかっていることがあれば
お気軽に聞いてくださいね♪


≪ブログに戻る≫

0 件のコメント:

コメントを投稿